トータル
ページビュー:976 | ユニークアクセス:975
今日
ページビュー:25 | ユニークアクセス:25
昨日
ページビュー:68 | ユニークアクセス:68

エントリー

030

 村長が手に取っていた剣を手に取ると、それを見てにやりと笑みを浮かべる。

「ついに、手に入れたわ。剣の『欠片』を」

 そうして、空間に円を描くと、そこに穴が生み出された。
 そこに剣を放り込むと、再び円を描く。すると穴は閉じ、そこには何も無くなった。

「……あとは、それを知る人間を全て殺すだけ、ね」

 ポケットから銀時計を取り出して、時間を確認する。

「あと一時間、余裕はあるわね」
「村長っ!」

 そのとき、声が聞こえた。
 開いていた祠の入り口を見ると、親衛隊の一人――ピローがそこに立っていたのだ。

「き、貴様! 村長に何をしたっ」
「何って、殺しただけよ。あなただって人が……いいえ、リザードマンが死ぬ瞬間なんて見たことがあるでしょう? 見たところ兵士のようだし」
「貴様ああああああああああああああああっ!!!!」
「……しかし、兵士に必要なのは力だけじゃあ無い」

 オール・アイが彼に手をかざす。すると、そこから鋭い針が無数に生み出され、彼の身体を貫いた。

「あがああああああああああああっ!!!!」
「余裕も必要なのよ、正面から突撃するなんて無謀もいいところ。……それぐらい分かっておきなさい、兵士ならばね」

 そして、オール・アイは血まみれになった祠を後にする。

「さあ、後は」


 ――その事実を知るリザードマンを皆殺しにするだけ。


 ◇◇◇


 それからは、早かった。
 村長の家に居る学者は全員殺害し、親衛隊も息の根を止めた。
 残りの住んでいる人間は殺害こそしなかったが、禍根を残さないために、ある手段を用いた。

「……ええと、先ずはこの星のマグマの流れをうまくコントロールして……」

 北東の小島に着陸する宇宙船を見上げながら、オール・アイは何かをしていた。

「オール・アイ? もう終わったのかしら」
「ええ、もう終わりましたよ。剣は後で出しても良いかしら」
「構わないわ」

 外に出てきたロマ・イルファとの会話をしつつ、何かを作っているオール・アイ。

「オール・アイ……いったい何を作っているのかしら?」
「斥力爆弾、とでも言えば良いでしょうか。簡単に言えば、電子と電子が突っぱね合う力を利用して、そのエネルギーを爆発に変える。簡単なものですが、設計図が無いと流石の私も作るのには時間がかかりますね……」
「ここに居る人間を、皆殺しにするということ?」
「人間というより、リザードマンと言えば良いでしょう。彼らには人権はありません。それに、剣を持って行かれたことを知られては困ります。帝国の領土ではないから、消すのは簡単です」
「だめよ、それは!」
「あなたが言っても無駄です。これはもう実現されたこと。……よし、これで完璧です」

 そうして、穴から何から落ちてきた。
 それは小さな球体だった。球体に時計がつけられたそれは、十五分のタイマーを指していた。

「……あとはこのスイッチを押すだけです。ライラック!」
『はい?』

 突然声をかけられたライラックはスピーカーを通して、オール・アイの言葉に答える。

「今から十五分後にこの惑星を爆破させます。良いですね、大急ぎで出発する準備をしなさい!」
『それならいつでも出来ますよ! エネルギーも充填完了済です!』

 オール・アイは頷くと、スイッチを躊躇いなく押した。

「さあ。急いで逃げましょう。もうこの星に未練はありません」

 オール・アイはロマを押し込むようにロケットに入る。
 そしてロケットは五分後には完全にトロワを離れていくのだった。


 ◇◇◇


「トロワが爆発した……ですって?」

 そして、そのアナウンスを宇宙船の中で知ったメアリーは、思わず崩れ落ちそうになった。

「メアリーさんっ」
「大丈夫、大丈夫よ、リニック。……それにしても、奴ら、そんな強攻策をとってくるなんて思いもしなかった。どうしましょう、きっと剣も手に入っていることでしょう」
「こちらにある剣と、あちらにある剣、そして残りは三つ……。どっちが先に手に入れるか、ですよね」
「決まっているわ、こちらが先に手に入れて、そしてその剣も出来ることなら手に入れたいけれど……」
「総帥、今来ました。この船はアント国際空港へ行き先を変更するようです」
「アント……って、機械文明の?」
「そうね。一番旧時代の色が濃く残っているとも言われている、アント」
「アントには知り合いもいないんですよね……。だからしらみつぶしに探すしか無いと思うのですが」

 レイニーの言葉に、メアリーは言った。

「そりゃあ、最初からしらみつぶしに探すつもりよ。……それに、こちらには強力な『眷属』が居る。……ええと、」
「ライトニング、なの」
「そう! ライトニングが居るでしょう?」

 今の動作が、少しだけおかしいと思ったのは、リニックだけだった。
 だが、問いかけるわけにも、指摘するわけにも、いかなかった。
 そこで彼女たちの良い雰囲気を崩すわけにも、いかなかった。

「それじゃあ、次の目的地は、アント。……アント国際空港にはどれくらいで到着するのかしら?」
「ああ、それなら――」

 レイニーの言葉をかき消すように、アナウンスが入ってくる。

『……皆様、このたびはご迷惑をおかけして申し訳ございません。トロワの大爆発により、空港への移動が出来なくなりました。その関係上、アント国際空港へ緊急着陸と致します。到着時間は今から五時間後になる見込みです。皆様には大変ご迷惑をおかけ致します』

 機械的なアナウンスを聞いたメアリーは頷く。

「あと五時間……。それまでにアントの剣が奪われていなければいいけれど」

 そうして、彼女たちの目的地はトロワからアントへと変更することになった。
 二つの剣はそれぞれの勢力によって一本ずつ奪われてしまった。
 残る『伝説の剣』は、三本。

 

 

 

第四章 終

ページ移動

ユーティリティ

2018年06月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

ユーザー

新着エントリー

038 第二部プロローグ
2018/06/13 21:34
037 第一部最終話
2018/06/12 06:56
036
2018/06/11 21:20
035
2018/06/11 02:31
034
2018/06/10 19:44
033
2018/06/10 04:38
032
2018/06/09 23:39
031
2018/06/08 23:41
030
2018/06/07 21:23
029
2018/06/07 04:27

過去ログ

Feed